2011年

8月

13日

今年の高校野球における考察

只今仕事で郡山。

 

ホテル仕事で今日が最終日。一週間滞在しました。

 

 

仕事は夜のみなんで、昼間は暇。

 

なんで、大好きな高校野球をたっぷり観れました。

 

今年は我が母校の、岡山関西高校が出場しているのであります。

 

近年我が母校は甲子園にちょくちょくでるのですが、

くじ運悪く、いつも優勝したチームにあたって敗退してました。

 

今年も初戦は、選抜準優勝チームの九州国際大付高。

 

 

・・・・なんでだ・・・??

 

 

しかっし!!

見事延長戦の末、3-2で勝利したのであります!

 

 

延長戦に突入した為、楽屋入り時間ギリギリまで試合があり、

色々な意味でヒヤヒヤしましたが・・・。

 

 

ところで、今年の高校野球を観ていて気付いたことが。

 

出てくる投手が、ほとんどといっていいほど140Km/hを超える速球を

投げ込んでくるのです。

 

ひと昔前は、高校生で140Kmを超える速球を投げれたら

それだけで大会屈指の投手なんて注目されていたのに、

今や、無名の投手までバンバンはぇ~球を投げ込んでくる。

 

150km超えたら、大会屈指らしい・・・。

 

高校生で150kmったら、もはや漫画の世界・・・。

と思ってたのも昔の話。

 

「やったろうじゃん」の江崎君のストレートなんかありえん!

「タッチ」のたっちゃんの速球なんてプロ並みやんけ!

 

・・・ちょっとマニアックになってしまいましたが、ずいぶん驚きました。

 

今日なんて、唐津商のピッチャーの北方君の試合観てたんですが、

ストレートはもちろん150km超え。

 

彼はカットボールも投げるんですが、なんと!146kmを計測してた!

 

昔阪神にいた星野の球なんて、それに比べたら小学生の球やんけ!

 

・・・で、彼は7安打を浴びて敗退しました。

 

・・・それを打ち返す無名の高校球児って??

 

 

改めて、日本のアマチュア野球のレベルの高さを感じました。

 

WBC2連覇も当たり前かな。

 

なんか、WBC出場でもめてるみたいだけど、

 

日本の出場しない世界大会なんて、

 

ブラジルがでない、ワールドカップみたいなもんじゃん?

 

・・と、思う今日この頃でした。